これで解決!松坂牛の悩み

日本一の肉牛として知られる松坂牛には、1877年から始まるとても長い歴史があります。

切り落としとして利用するにふさわしい松坂牛の部位

松坂牛の楽しみ方は、ステーキにしたりしゃぶしゃぶにしたり、すき焼きにしたり、といったことだけではありません。

切り落とし肉にして、様々なお料理に入れて楽しむこともできるのです。

松坂牛の切り落としだなんて、なんだか贅沢すぎてバチが当たってしまいそうな気分になってしまいますよね(笑)。

しかし独特の甘みを持つ松坂牛をお料理に入れることによって、そのお料理がさらに味わい深くなるのです。

ここでは、切り落としとして使うのに適している松坂牛の部位についてご紹介させていただきます。

松坂牛の中で切り落としとして使うのに向いているのは、マエバラやナカバラ、ソトバラ、ウデ、マル、ウチモモ、ソトモモといった部位です。

マエバラは他の部位と比べてやや硬いため、スライスをすることによって美味しく食べることができます。

ナカバラとソトバラは、いわゆる「カルビ」と呼ばれる部分になります。

焼き肉用としても使われるこの部位は赤身と脂身のバランスがちょうどよく、松坂牛本来の味を思う存分楽しむことができます。

マルというのは腕の少し上の部分から取れる部位で、ほとんど赤身なのですが、部分的に霜降りが美しく入っています。

モモ肉の中でもトップレベルのおいしさであると言われており、松坂牛ファンの中にはこの部位を狙って購入される方もいらっしゃいます。

ウチモモやソトモモはその名の通りモモの部分から取れる部位で、ほとんどが赤身でできています。

脂っこいのが苦手な方には、とてもおすすめの部位です。

Comments are currently closed.