これで解決!松坂牛の悩み

日本一の肉牛として知られる松坂牛には、1877年から始まるとても長い歴史があります。

すき焼きに向いている松坂牛の部位

日本を代表する高級肉牛である松坂牛。

その楽しみ方は人によってそれぞれです。

ステーキにしたり、しゃぶしゃぶにしたり、すき焼きにしたり、焼肉にしたり・・・。

考えただけでも幸せな気持ちになれますよね。

ただひとくちに松坂牛といってもその部位によって様々な特徴があり、その部位によって味わいや適している調理法も異なってきます。

そこで今回は、しゃぶしゃぶやすき焼きにして楽しむのに向いている部位をご紹介させていただきます。

すき焼きやしゃぶしゃぶとして楽しむのに適しているのは、ヒレや肩ロース、サーロイン、リブロース、マエバラ、ウデなどです。

これらのうちヒレやサーロイン、リブロースに関してはステーキや焼き肉にも適しています。

特にヒレは一等の牛から3キロ程度しか取ることができない希少な部位で、その柔らかさと豊かな味わいは他の部位の追随を許しません。

またサーロインやリブロースには霜降りが多く、多くの方に好まれています。

マエバラは腕の上から取れる部位で、リブロース等と比べると少し硬さがあります。

そのためしゃぶしゃぶやすき焼きなど、スライスをしてから食べるのに適しているのです。

ウデとはその名通り牛の腕から取られる部位です。

ウデ肉はそのほとんどが赤みですが、松坂牛本来の味を堪能することができるため、松坂牛ファンの方の中にはこの部位を好んで食べられる方も沢山いらっしゃいます。

またこれらの他にマルやウチモモ、ソトモモといった部位も、しゃぶしゃぶやすき焼きとして楽しむのに適しています。

【トピックス】健康と牛肉 – 松阪牛協議会

Comments are currently closed.