これで解決!松坂牛の悩み

日本一の肉牛として知られる松坂牛には、1877年から始まるとても長い歴史があります。

ステーキに向いている松坂牛の部位

高級肉牛として知られている松坂牛、皆様ならどのような食べ方を味わいますか?

松坂牛は、ステーキやしゃぶしゃぶ、すき焼きなど、様々な楽しみ方をすることができます。

そしてその食べ方によって、適している部位も異なってきます。

そこで今回は、様々な肉牛の食べ方の中でステーキとして食べるのに適している部位について、ご紹介させていただきます。

ステーキとして食べるのに適しているのは、ヒレ、リブロース、サーロインの3部位です。

ヒレとは一頭の肉牛から3キロ程度しか取ることができないとても貴重な部位で、肉質がとても柔らかく、松坂牛ならではの味を楽しむことができます。

またヒレは脂っこくないため、量が食べられない方やむつこいのが苦手な方、高齢者におすすめな部位でもあります。

リブロースとは牛の中心部分にある部位で味や香りはもちろん、見た目の美しさにも優れています。

リブロースは様々な部位の中でも特に霜降りが多い部分でもあるため、少し火を通してレア、あるいはミディアムで頂くのがおすすめです。

ちなみにこのリブロースは、霜降りの量が多ければおいほど高級である、といわれています。

サーロインとは、リブロースよりもやや尾側から取られる部位のことをいいます。

「ステーキといえばサーロイン」と言われるほど、この部位はステーキにするのに適しています。

サーロインは全ての部位の中で霜降り具合が最も素晴らしく、松坂牛を愛する方の中には、「松坂牛のサーロインは肉の芸術品である」と言う方もいらっしゃるほどです。

Comments are currently closed.